ソフトウェア資産管理(Software Asset Management) 本文へジャンプ


ソフトウェア資産管理(Software Asset Management)とは


ソフトウェア資産管理の目的

 ソフトウェア資産管理(Software Asset Management:SAM)の目的は、ITサービスマネジメント全体の有効な支援とするものであり、

  • ビジネスリスク管理の促進
  • ITサービス及びIT資産に関するコスト管理の促進
  • ITを有効に活用することによる競争上の優位性を得ること

としています。

ソフトウェア資産管理の必要性

 ソフトウェアは、知的財産としてそのプログラムの表現は著作権法で保護されています。そのため、ソフトウェアの違法コピーやソフトウェアライセンスの不正利用などの法的問題は、組織の姿勢そのものに疑念を持たれることになり、社会的な信用の失墜に繋がるおそれがあります。 また、最近では、ソフトウェアは、ライセンスコンプライアンスだけでなく、パッチ管理やソフトウェアの性質による使用管理などにも注目され、情報セキュリティの観点からの管理の必要性も指摘されています。こういった、ソフトウェアを原因とするビジネスリスクに対応するためにも、 組織で利用されているIT資産、とりわけソフトウェア資産を適切に管理するとともにITサービスの効率化を図るための管理手法であるSAMを導入する必要があります。

 しかしながら、SAMを単に著作権法、及び使用許諾条件の遵守を目的とするもの(ライセンス管理)と捉えてしまうことがあります。

 SAMを導入することで、ライセンス管理以外にも、利用ソフトウェアのバージョン管理、パッチ適用等のシステム構築・運用環境の改善を図ることができ、オペレーションコストの削減にも繋がります。
 SAMとライセンス管理の違いは、以下に示すとおりです。

 ソフトウェア資産管理  ライセンス管理
目的 ・ライセンスコンプライアンス
・情報セキュリティの維持・向上
・IT投資の最適化
 主にライセンスコンプライアンス
 対象資産  ハードウェア・利用ソフトウェア・保有ライセンス(有償・無償・自社開発の別はない)を対象とする。  保有ライセンス及び(ハードウェアを根拠としない)利用ソフトウェア(ライセンスについては、特に有償のライセンスを対象とする場合が多い)



ソフトウェア資産管理に関する文書

 SAMに関する各種ガイドラインはこちらから入手できます。



SAMツール

  SAM成熟度評価ツール(Excel版)を配布しています。



セミナー・イベント

 JIPDEC又はSAM関連団体のイベント・セミナーをご案内しています。



 [home]