事業継続マネジメントシステム実証運用

BCMS実証運用の実施について

改訂 2008年10月9日
改訂 2008年10月2日
改訂 2008年9月10日
2008年7月30日

財団法人 日本情報処理開発協会
情報マネジメント推進センター



 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC) 情報マネジメント推進センター(本センター)では、事業継続マネジメントシステム(BCMS)適合性評価制度の正式運用に向けての検討に資することを目的として、2008年7月30日よりBCMS実証運用を開始します。実証運用に当っては専門家や学識経験者からなる準備運営委員会及び技術専門部会において認証スキーム、運用体制、基準類等の検討を行っていく予定です。なお、財団法人日本適合性認定協会(JAB)とJIPDECは、BCMS実証運用の運営・評価活動等について、各種の協力を行うこととしております。

1.事業継続マネジメントに関わる実証運用事業について
 本センターは、2008年度の事業計画において事業継続マネジメントに関わる実証運用事業を開始することを決定し、これに向けて準備を開始しました。内容は、「BCMS実証運用の概要について」をご参照下さい。

2.BCMS実証運用の実施要領について
  BCMS適合性評価制度の正式運用に先立ちBCMS実証運用を実施することになりました。BCMS実証運用に関する実施要領はこちらをご参照下さい。本件について申請を希望される認証機関は、本センターまでご連絡下さい。

3.説明会の実施
3.1 認証機関向け説明会

 認証機関向けに、BCMS実証運用に関する説明会を9月29日(月)に実施いたしました。本件の実施内容につきましては、こちらをご参照下さい。

3.2 事業者向け説明会
 事業者向けに、BCMS実証運用に関する説明会を10月30日(木)に実施いたしました。沢山のご参加、ありがとうございました。

4.関連する主な基準類
4.1 認証のための基準類

 BCMSにおける認証のための規格としてはBS 25999-2:2007があります。また、実践のための規範もBS 25999-1:2006として制定されています。
1) BS 25999-1:2006 事業継続マネジメント−第1部 実践規範
2) BS 25999-2:2007 事業継続マネジメント−第2部 仕様
これらの入手方法についてはこちらを参照下さい。

4.2 認証機関の認定に関わる基準類
 BCMS実証運用における認証機関の認定のための文書は下記を使用します。BCMS実証運用での結果を踏まえ、正式運用に向けて改訂する予定です。
1)BCMS認証機関認定基準及び指針(JIP-BCAC100-0.8)
2)BCMS認証機関認定の手順(JIP-BCAC110-0.8)
これらはこちらからダウンロードできます。

4.3 審査員の研修及び登録
 本センターによる要員認証機関の認定は、BCMS実証運用期間中は行いませんが、審査員の資格基準及び研修コース基準は下記を使用します。BCMS実証運用での結果を踏まえ、正式運用に向けて改訂する予定です。
1)BCMS審査員の資格基準に関する指針(JIP-BCAC401-0.8)
2)BCMS審査員研修コース基準に関する指針(JIP-BCAC221-0.8)
これらはこちらからダウンロードできます。

 

以上